僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

かわいくて音のいいスピーカーが、部屋に音楽を満たす。

新しく買ったスピーカーがとても素晴らしいのでご紹介。 箱を開けた途端、予想以上の小ささに驚いた。 ちょっと大きめのみかんくらい。りんごよりはだいぶ小さい。 あまりに小さいので音が不安だったけど、ロックバンドのベースの音も、細かなハイハットの音…

距離の制約を越えた「居場所」をつくる ~Skypeグループビデオ通話でのエアホームパーティー~

昨日、我が家で恒例のホームパーティー「煉's Bar」を開催した。都心近くの神奈川県から、だいぶ離れた長野県に引っ越してから、初めての開催。これまで200人近く来てくれた「煉's Bar」の常連さんたちは、ほとんどが首都圏に住んでいて、はるばる長野県まで…

仕事に関するつぶやきまとめ。

最近のつぶやきから、仕事に関するものをピックアップして、並べてみる。 ちょっと脈絡がないけれど、考える種になりそうなものばかり。 仕事には、「やらなきゃいけないこと」「やった方がいいこと」「やった方がいいかもしれないこと」があると思う。企画…

【ネタバレ注意】「けものフレンズ」の続きを構想してみた。【ハードボイルド】

ようやく、話題の「けものフレンズ」を最終話まで見た。最初は、「何でこの人たちこんなにのほほんとしてるんだー」と、ちょっとイライラしていたけど、見ているうちに個性的なキャラクターに愛着も湧いてきて、それなりに楽しく見ていた。が、最終話で思い…

新天地にて決意表明的ななにか。

ようやく一息ついたので、近況報告でも。7年住んだ神奈川県川崎市の家を出て、見知らぬ土地、長野県に引っ越してきた。生まれたのは横浜、これまで住んだことあるのは東京で、いわゆる「首都圏」から出たことがなかった僕。生まれて初めての、首都圏外での生…

嵐のあとのさびしさ

たとえば自分のつくった居場所で、楽しんでくれる人がいると、 とてもとても満たされた気持ちになって、ああ、僕が生きてきたことに、たぶん、意味があったんだな、なんて思ったりする。自己承認欲求が満たされる、ということだと思うし、文字通りの「自己満…

家族もふるさとも、自分でつくる。

結局のところ、僕がたどり着いたのはそういうことなのだ。 道に迷ったとき、自信がもてなくなったとき、ただ静かに泣きたくなったとき。無条件に、何も求めずに、受け入れてくれる存在。「家族」と「ふるさと」は、そういう人と、そういう場所だといいなと思…

電子読書のススメ~「本はあまり読まない」という人へ

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2015/06/30 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログ (17件) を見る いろいろなところで電子書籍が好きなことを表明している僕だけど、 今回はあえて「ふだんあまり読書をしな…

「若者の○○離れ」は、「要らないものは要らない」ことに気づいただけ。

よく、ネット上で「若者の○○離れ」というのが話題になる。高齢者を喜ばせるためだろうか、テレビ番組などではたびたび「若者の○○離れ」というのが話題になるらしい。曰く、最近の若者は楽しみ方を知らず、消費行動が内向きで、元気がない。だから「一流の大…

過去でも未来でもなく、今を生きる。

どうしてだろう?世の中には、「未来」や「過去」を優先して、いちばん大切な「今」を蔑ろにしているように見える人が、たくさんいる。 「未来の安定をめざして今は我慢する」と言ったり、「過去の責任があるから今は仕方ない」と諦めたり。「今を一番大切に…

2016→2017

あけましておめでとうございます。今年も無事、新しい年を迎えることができました。日常からちょっとだけ離れた年始のこの時期に決意じみたブログの記事を更新するのが、ここ数年の恒例になっているので、今年もキーボードを叩いてみることにしてみました。 …

性的なことを、明るく安全にしたい

最近かなり真面目に考えていることのひとつに、「性欲をもてあました人が、安全にそれを解消するにはどうしたらいいのだろう」ということがある。僕自身の話ではなく、社会としてね。これは、笑いごとでも恥ずかしいことでもなくて、とても大事なことだと思…

世界を、広げる。

僕が大学を出て、社会人になって驚いたことは、世界が広いということを知ったことだった。つまりは、自分が今まで生きていた世界がどれだけ小さかったのかということを知った、ということでもある。僕には、あんまりにたくさん知らないことがあった。社会の…

未来予想図を破り捨てよう

大学を卒業してからずっと、「5年後の自分が全く想像できない」生き方をしてきている。 23歳のとき、僕は営業マンだった。28歳のときは、子供のための図鑑をつくっていた。33歳の今、結婚していて、恋人が三人いて、定期的にホームイベントを開いている。38…

僕が「ポリアモリー」を発信するわけ

ヤフーニュースのコメント欄やTwitterの反応を見て心を痛めている、ポリアモリーに親和的ななかまたちへ。脊髄反射的な批判は3日ももたないから大丈夫。1週間経てば、ちゃんと興味を持ってくれる人だけが残る。そういう人達の心に届けばいいのだ。— 文月 煉 …

中くらい。

ふと、思ったこと。「大きいことはいいことだ」とは、僕はぜんぜん思わない。昔から、大きくなることにはあんまり興味がなかったなぁ、と思う。大きくなる、ってのはまぁ、いろんな意味でね。「ビッグになる」とか言った方が、意味は伝わりやすいかな。この…

メメント・モリ~死をおもうこと

僕は体がよわい。 幼いころはとくにひどくて、幼稚園は3分の1くらいを病欠していたらしい。小学校以降はそこまででもなかったので、卒業や進級をあやぶまれることはなかったが、それでも皆勤賞とは程遠く、毎年2,3回は風邪などで数日寝込む。 とくに熱を出す…

文月煉のおすすめ本。

Twitterで紹介したものを転載。 1冊につき140字以内の解説を添えて紹介、ってなかなかいい試みなので、今後も機会を見つけて追加していきたいかも。 1.伊藤計劃『虐殺器官』 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 作者: 伊藤計劃 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: …

いつまで「ムラ社会」をやってるつもり?

結局のところ僕が違和感を覚えるもの、打破したいと思っているものは、いわゆる「ムラ社会」というやつに他ならないのだ。 僕の考える「ムラ社会」の特徴は、 1. 世界を「身内」と「よそ者」に二分割する。2. 「身内」には同質化を強要する。自分たちの「常…

「しあわせを語るな」という呪いについて

Twitterを見ていると「Facebookが嫌い」という発言をよく目にする。なぜかというと、「リア充のしあわせ自慢に見えるから」。特に独身の人は、Facebookで同級生などが家族や子どもの話題でしあわせそうにしていると、自分と比較してしまい、家族も子どももい…

LGBTとの接し方?

こないだ、今働いている職場で「LGBT研修」なんてのがあって、「あなたの身近にもLGBTはいます」と言われて「でも、知っている人では見たことがない」なんて人がたくさんいたんだよね。で、ふと自分のことを考えてみたら、そういえば今仲良くしている人たち…

「文月煉哲学」を編纂したい

哲学というと大げさだけど(笑)。 僕がこれまでに考えてきたこと、選んできたこと、したいと思っていること。いろいろとまとめたらなにかの役に立つんじゃないかと思って。僕が下手くそながらなんとか生きて、考えてきたことを、残したい、という気持ちなの…

君の世界を広げようぜ。

「世界」とか「世の中」と聞くと、なにか確固たるものがあるように思うけど、それは錯覚だ。「世界」とは、「自分が認識できる範囲」と同義なのだから。だからこそ、ときに「新しい世界を知って」、「世界が広がった」りするのだ。 一人の人間にとって、認識…

主体性をもつこと。あるいは、自分の人生の支配者であること。

結局のところ、僕の人生における命題は「主体性をもって生きる」というところにすべて行き着く。という結論に、不意にたどりついた。 他人を信頼する(信用ではなく)のは、自分の主体性でもって「この人になら裏切られてもかまわない」と思うからであり、そ…

LINEモバイルで「電話」は終わりを告げるか。

先日、LINEがついにMVNO事業(いわゆる格安SIM)に参入した。 「LINEモバイル」で格安プラスαの価値を――LINEがMVNOに参入した理由 (2/2) - ITmedia Mobile http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1609/05/news137.html LINEとTwitter、Facebookのアクセ…

あらためて、「LGBT」について考える

派遣先の職場(老舗の大企業)で「LGBT講習会」をするらしいということで, 参加してみようと思っている。 僕のTwitterのタイムラインでは,いつでもいわゆる「LGBT」の話がなされているから,もう世の中では十分に周知されていることのように錯覚してしまう…

自慢について

学童で働いていると、小学生たちの言動がとてもおもしろい。 すぐに自慢をしたがる子がいる。頭も良くて運動神経がいいので、自慢をする種には事欠かないから、いつも「ねぇねぇ、僕すごいんだよ。○○できちゃったんだ」と言ってくる。一方で、それを聞きつけ…

Kindle unlimited解約した。

1ヶ月無料トライアルをしていたのを、課金前に解約した。 理由はシンプル。 「コストパフォーマンスがまったく見合わないから。」 これにつきる。 本をダウンロードしておけるの10冊までで、販売ではなくあくまでレンタルだから、 一月に読んだ本の合計金額…

おくさんと恋人と僕の三人で、お泊り旅行してきます。

タイトルのとおりです。 ペンションみたいなところに泊まって、貸し切り露天風呂みたいなのがあるみたいです。 自慢ですか? はい、自慢です。うへへ。

インターネット投げ銭を提唱したい。

先日、スマホの設定についてちょっと高度なことが知りたくて、それはマニュアルとかにもないことなのでググってみたところ、ものすごく丁寧なブログを発見して、そこに書かれているとおりにしたところ、あっという間に解決した。 とてもうれしかったので、お…

ぼくの豊かな生活。

ブログに、新しいカテゴリを増やしてみようと思う。 題して、「ぼくの豊かな生活」。 全然お金がないのに人生を楽しんでいるといわれる僕の、楽しい生き方を少しご紹介。 こんな楽しみ方もあるんだぜ、ってのが、少しでも伝わったらいいなと思ってる。 今考…

33歳。

歳をひとつ重ねた。僕のまわりには20代の人が多いので、33歳というとずいぶん大人になったような気になるけど、人生100年とするとまだまだだな、なんて思ったりもする。なんと言ったって、僕が自分の人生を自分で決めて生きることを決意して、二本の足で歩き…

~かばんのなかに映画を詰めて~ あこがれの風景を実現する「fireタブレット」

Fire タブレット 8GB、ブラック出版社/メーカー: Amazon発売日: 2015/09/30メディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログ (23件) を見る 午後七時過ぎの下り電車の中で,仕事を終えて少しくたびれたサラリーマンが,かばんからおもむろに黒い板を取り出し…

「ことば」がいらなくなるとき~続々・僕は「ポリアモリー」~

「僕は『ポリアモリー』」という記事を書いてから、一年以上が経った。 fuduki-ren.hatenablog.jp fuduki-ren.hatenablog.jp 奥さんのほかに最初の恋人ができてから――つまりは僕の「ポリアモリーなライフスタイル」がはじまってからは、もう二年以上。その間…

愛が、あふれる。

ここ数ヶ月ほどで、僕のまわりが大変なことになってます。新しい恋人がふたりもできたり(すきなひとはもっとできた!)、僕の恋人と恋人が、恋人になったり。もちろん、ずっと好きでいる人のこともますますいとおしく感じて。今、僕のまわりに、愛が、あふ…

恋を、しました。

久しぶりに、好きな人が増えた。 そのことを恋人たちに報告したら、「よかったね」、と一緒によろこんでくれた。 これは新しい発見なんだけど、僕はだれかを好きになると、ほかの好きな人たちへの愛しさも、いっせいに増すらしい。自分がしあわせな気持ちで…

居場所に、なりたい。

先週末、我が家で「煉’s Books & Bar」を開催した。 我が家の本を自由に読んでもらい、カクテルや珈琲を振る舞う、いわゆる「ホームパーティー」のようなものだ。知り合いを呼ぶのではなくて、twitter上で告知をして、基本的にだれでも自由に参加できる。今…

Don't be evil.

Don't be evil.は、Googleのかつてのスローガンらしい。少し前にGoogleがそれを掲げたとき、結構な話題になったことを覚えている。残念ながら今はそのスローガンをやめてしまったらしいけれど、(そして今のスローガンは、Do the Right Thingだそうで、比べ…

低気圧に弱い。

科学的にはまだ証明されていないとか、 気のせいだとか言われることも多いみたいだけど、実際の体感として、低気圧に弱い。気圧が低いときには頭が重くなり、肩や首が凝り、気分が落ち込み、何かをやろうとする意欲が減退する。 子供の頃から、というわけで…

個人的な倫理の話をしよう。

「倫理」というと、なんだか偉そうな響きがする。 「道徳」や「哲学」と呼んでもいいけれど、どれも、偉くて立派な人が、格下の人を教え諭すような。「格下の人」からすると、嫌でも守らなくちゃいけない、窮屈なもののようにも思う。 だけど本当は、大抵の…

32歳だけど高熱を出すと泣きます。

高熱を出している。39.5℃くらい。病院に行ったけど、インフルではないらしい。まぁ、これくらいの熱なら僕にとっては日常茶飯事だ。認めたくないのだけど、僕は虚弱らしい。年に3,4回は高熱を出して3日くらい寝込む。40℃を超えることも珍しくない。僕はふだ…

「青少年に悪影響」なSMAPの謝罪

ふだんテレビを見ないし、タレントにはほぼ興味がないのだけど、Twitterを眺めていたら「SMAPがスマスマの冒頭で謝罪した」という話が流れてきて驚いた。なにに対して謝っているのかよくわからない言い方。表情でものを伝えることになれているはずのプロフェ…

雪の日に無理して出社するかどうかという話。

今日は夜から朝にかけて積もった雪で東京の交通機関は乱れまくり。 僕の家の最寄り駅もずっと入場規制をしているとかで、無理して電車に乗ったとしても、のろのろ運転かつすし詰めで、会社まではいつもの何倍もの時間がかかり、きっと体調も崩す。というわけ…

映画『ホビット』を見た。

AmazonPrimeビデオに二作目までが入ったということで、『ホビット』見ました。 前に1作目と2作目は見ていたのだけど、この際、と思って2作目をもう一度見始めたら面白すぎて、ついつい3作目もAmazonビデオでレンタルして見ました。 1作目と2作目だけプライム…

「味わう」時間が必要だ。

職場には給湯室があって、いつでもお湯を使うことができるから、お湯で溶かすインスタントドリンクの類を愛用している。新しいのを試してみるのが好きで、しょっちゅうコンビニに寄っては、新製品がないかチェックしている。最近は結構色んなものがあって、…

Kindleがいとしい。

昨日の夜、こたつでネットサーフィンしていたら、Twitterの「#あなたの大好きな児童文学教えてください」というタグで、仲の良いフォロワーさんたち複数が「ダレン・シャン」を挙げていたのを見て、「そういえば、前から読んでみたいと思っていたのに機会を…

みんな、年齢について気にしすぎなんじゃない?

ふと、思いついた。 「どうせ死ぬ年齢は人によってまちまちなんだから、今の自分が何歳か、なんてこと、いちいち気にする必要なんてないんじゃないの?」 誰が何歳まで生きるかなんて、死んでみるまでわからない。ってことはつまり、「今が人生の何合目」な…

「究極のツナ」とかいうの食べてみた。

フランスパンと粒マスタードとチーズを買って、 ワインをちょっとだけ用意して。 それだけでちょっとしたパーティー気分。 5種類の缶が入った「お試しセット」(1780円)を頼んで、 ホワイトツナ(ビンチョウマグロのことらしい)の「綿実油漬け」と「オリ…

それぞれがしあわせでいられるということ。

今日は奥さんとたくさん話をした。奥さんと僕は本当に趣味が全く合わなくて、好きなものがほぼいっさい重ならないくらいだ。音楽とか、本とか、ゲームとか、食べ物とか。住みたいところも、理想の生き方も、ほぼ正反対なくらいに違う。 それにそもそも思考の…

Twitterと自己承認

僕はふだん、かなりの頻度でTwitterを使っている。 いや、正直に認めてしまうと、わりと「依存している」と言えるかもしれない。 実際、Twitterというのは、なかなか怖い装置だ。誰しもがもっている「自己承認欲求」を、リスクなしに、お手軽に満たしてくれ…