僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

あいとかこいとか。

僕が「ポリアモリー」を発信するわけ

ヤフーニュースのコメント欄やTwitterの反応を見て心を痛めている、ポリアモリーに親和的ななかまたちへ。脊髄反射的な批判は3日ももたないから大丈夫。1週間経てば、ちゃんと興味を持ってくれる人だけが残る。そういう人達の心に届けばいいのだ。— 文月 煉 …

LGBTとの接し方?

こないだ、今働いている職場で「LGBT研修」なんてのがあって、「あなたの身近にもLGBTはいます」と言われて「でも、知っている人では見たことがない」なんて人がたくさんいたんだよね。で、ふと自分のことを考えてみたら、そういえば今仲良くしている人たち…

あらためて、「LGBT」について考える

派遣先の職場(老舗の大企業)で「LGBT講習会」をするらしいということで, 参加してみようと思っている。 僕のTwitterのタイムラインでは,いつでもいわゆる「LGBT」の話がなされているから,もう世の中では十分に周知されていることのように錯覚してしまう…

おくさんと恋人と僕の三人で、お泊り旅行してきます。

タイトルのとおりです。 ペンションみたいなところに泊まって、貸し切り露天風呂みたいなのがあるみたいです。 自慢ですか? はい、自慢です。うへへ。

「ことば」がいらなくなるとき~続々・僕は「ポリアモリー」~

「僕は『ポリアモリー』」という記事を書いてから、一年以上が経った。 fuduki-ren.hatenablog.jp fuduki-ren.hatenablog.jp 奥さんのほかに最初の恋人ができてから――つまりは僕の「ポリアモリーなライフスタイル」がはじまってからは、もう二年以上。その間…

愛が、あふれる。

ここ数ヶ月ほどで、僕のまわりが大変なことになってます。新しい恋人がふたりもできたり(すきなひとはもっとできた!)、僕の恋人と恋人が、恋人になったり。もちろん、ずっと好きでいる人のこともますますいとおしく感じて。今、僕のまわりに、愛が、あふ…

恋を、しました。

久しぶりに、好きな人が増えた。 そのことを恋人たちに報告したら、「よかったね」、と一緒によろこんでくれた。 これは新しい発見なんだけど、僕はだれかを好きになると、ほかの好きな人たちへの愛しさも、いっせいに増すらしい。自分がしあわせな気持ちで…

それぞれがしあわせでいられるということ。

今日は奥さんとたくさん話をした。奥さんと僕は本当に趣味が全く合わなくて、好きなものがほぼいっさい重ならないくらいだ。音楽とか、本とか、ゲームとか、食べ物とか。住みたいところも、理想の生き方も、ほぼ正反対なくらいに違う。 それにそもそも思考の…

人のしあわせじゃまをするな。

結局のところ、僕が言いたいことってこれだけなんだよな。 ポリアモリーでも同性愛でもなんでもいい。 しあわせのかたちはみんなちがう。 お金持ちになることがしあわせだと思う人はそうすればいいし、1人だけ愛したい人はそうすればいい。 子孫を繁栄させた…

嫉妬について

最近、「嫉妬とかしないんですか?」という質問を受けることが多いのだけど、これが答えに困ってしまう。そもそもが、「嫉妬」という言葉が問題だと思うのだ。この言葉は、あまりに多くの、まったくちがう感情を包括しすぎていると思う。この言葉は、以下の…

「独占しない」愛し方 ~続・僕は「ポリアモリー」~ 

2年半くらい前から、自分が「ポリアモリー」であることを自覚して、Twitterなどを通してそれを公言してきた。「恋人(恋愛的に好きな人)が複数いる」と言うと、無条件に「非道徳だ。不誠実だ」と決めつけられてしまう世の中に違和感を覚え、人知れず周囲か…

レインボーアイコンと「当事者」「非当事者」について

最近、SNS上でアイコンをレインボーに加工する人が増えている。 よくわからない人のために説明すると、レインボーカラー、特に六色の虹は、「セクシャルマイノリティ」あるいは「LGBT」のシンボルとされている。ここ数日で急激にレインボーアイコンが増え始…

書評:深海菊絵『ポリアモリー 複数の愛を生きる』

ポリアモリー 複数の愛を生きる (平凡社新書) 深海 菊絵 平凡社 2015-06-17 売り上げランキング : 20069 by カエレバ やっと出た。 日本でもポリアモリーの本が。しかも、マニアックな小出版社からの「イロモノ」の本としてではなく、「平凡社新書」から、全…

僕は「ポリアモリー」

「文月煉です。奥さんがいますが、恋人も1人、お互いに好きだと認め合っている人は7,8人います」そんなふうに自己紹介することも増えた。複数の人を同時に愛する「ポリアモリー」という、僕の性質。昔から好きな人がたくさんいる性格だったけれど、世の中の…

親密さの種類?

いい週末だった。いっぱい遊んで、いっぱいしあわせに浸った。 幸いなことに、僕にかまってくれる人はたくさんいて、週末に暇をもてあますことはほとんどない。奥さん、恋人、友達。どれも僕にとって大切な人だ。「親密である」と言い換えてもいい。じゃあ、…

僕のポリーラウンジ発言メモ

ポリーラウンジでは、人の話を聞くこともおもしろいのだけど、自分が何を考えているかの整理になるのがとても良い。というわけで、昨日自分が何を言ったのか、思い出せる限り残しておこうと思う。 「今の自分の生き方を15歳の自分に説明してもわかってもらえ…

伝えてゆきたい。

今日はポリーラウンジに参加してきた。Twitterなどで知り合った人たちが、ポリアモリーについて語るオフ会。ポリアモリーというより恋愛そのものについて、さらに大きくは、それぞれの生き方に関して、各人ごとに違った態度や指向があって、世間が作り上げる…

ポリアモリーを自認する動機

昨日、ポリアモリーの友人と話していて、自分たちの「ポリアモリー」という概念を主張することの動機について、とてもおもしろい考察にたどり着いたのでメモ。僕らが「ポリアモリー」という言葉を見つけ出して、それを自認することには、僕らの中の「倫理観…

恋人は「思い通りになる人」じゃない

「浮気を許す」というのはどういうことなのかな、ってことをときどき考える。そもそもが、許すとか許さないとか、「浮気をした人のパートナー」がそれを断罪する権利がある、っていう考え方。僕自身は、はじめから、「パートナーの行動を制限したり、許した…

僕の生き方。

昨日、「ポリーラウンジ」という会に参加してきた。 ポリアモリーやポリガミーというものに興味がある人が集まって思い思いに話す、わりとゆるい集まりだ。 このブログでも何度か、「ポリアモリー」という話をしてきて、僕もそれに近いのではないかな、とい…

期待と呪い

恋愛にはよく、「責任」とか「覚悟」とかいう言葉がつきまとう。 とくに、「複数の人と恋愛関係をもつ」、ポリアモリー(複数恋愛)という恋愛のあり方では、 責任や覚悟、契約といった言葉を聞くことは多い。 当事者から、「複数の関係を円滑に維持するため…

愛する人はひとりだけ?

居酒屋で聞こえてくる他人の恋バナ。 「彼氏が浮気をして、ゆるせない!」 「あいつ、恋人がいるくせにほかの女の子にもモーションかけてて、嫌なやつ!」 僕には、そんな言葉を聞くと、いつも、不思議に思う。 愛する人って、一人じゃないといけないものな…