読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

つなぐ。

おもい。
いつの間にか、
好きな人がたくさんできた。

小学校のころからの腐れ縁、
高校の演劇部の仲間、
大学の劇団仲間。
それから、オンライン小説書きの
コミニュティで知り合った友達。
そして、最近、ポリアモリーについての
イベントで知り合ったひとたち。

僕は表面的なつきあいは得意な方だけど、
本当の意味では誰とでも仲良くなれるタイプじゃなくて、
世間一般ではやっているものはだいたい好きになれないし、
適当に話を合わせて仲良くすることはできないし、
言いたいことは言わずにすませられない性格で、
多くの人に嫌われたり、引かれたりもしてきた。

そんななかでも、僕のそばにいてくれて、
僕の話を聞いてくれて、
僕に、自分のことを楽しそうに語ってくれる友達。

それなのに臆病な僕はわりと小賢しくて、
ネット上と現実とでいくつかの名前を使い分けたりもしてて、
好きな人たちみんなに対して、
正直であったとはいえなくて。

僕は、できれば僕が信頼する人には、
僕のことを包み隠さず伝えたいと思う。
それから、僕が好きな人を、
できれば他の人にも好きになってもらいたい。
胸を張って、みんなに紹介したい。
それ自身が僕のエゴであることは、
わかっているけれど。
だけど、僕が好きな人同士はきっと、仲良くなれると思ったんだ。
なんたって僕を、好きでいてくれる人たちだもの。

本名での僕と、
ネット物書きのsagittaと、
マジョリティ規範に違和感を覚えている文月煉。
それぞれの人格を、周りの人間関係とともに、つなぐ。

胸の中でそんなことを考えていた、昨日のホームパーティ。
帰るときの顔は、みんな笑顔に見えたよ。
新しい出会いと、見ている世界が広がるきっかけに、
なってくれたらいいなぁ。

もちろん、全然ちがう世界を歩んできた人同士が、
たった一度だけで分かり合うのは、すごく難しい。
こういう会を、ずっとずっと続けていきたいな。
5年後も10年後も。