読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

自分の人生をどうつかうかということ

おもい。
自分がつかえる時間は限られている。
やりたいことすべてができるわけじゃない。
だからこそ、自分の時間を何につかうか、つかいたいか、ということを、
常に考えて人生を選択したい。

大学を卒業して就職をするときに、
生きるために、いやなことでも仕方なく仕事をして、
代わりに休みに好きなことをしよう、と覚悟した。
でもそうしたら、
仕事がどんどん忙しくなって、休みがなくなったりすると、
生きるために仕事をしているのか、仕事をするためにいきているのか、
わからなくなってしまった。

だから、
今度は少しでも自分がやりたいと思えることを仕事にしようと思った。
実際その通りになった。
今でも、したことを誇れるような、そんな仕事ができた。
だけど今度は、それ以外のことがほとんどできなくなった。
自分の視界が広くなって、色んなものが見えるようになっていくにつれて、
仕事に人生のほとんどの時間を縛られることが、
大きな枷であると感じるようになった。

今僕が思っていることを、言ってしまえば、それは大言壮語になってしまうかもしれないけれど、
「僕がよりよいと思えるように社会を変えていくために、
自分の人生をつかいたい」
ということだ。
僕が好きなことをやりたい、というよりも、
僕がそれをすることで、今よりももっと、
苦しむ人が減り、幸せな人が増え、
多様性が認められ、生きづらい人が居場所を見つけられる、
そういう何かをしたい。

自分の、次の世代の人たちに、よりよい社会を手渡すことができたら、
きっと僕は、満足して死ねると思う。
そう、別に利他的なわけじゃないんだ。
僕の自己満足のため。
僕は僕の人生を満足できるものにしたいんだ。

遠い遠い目標をはるか先に見つめながら、それに背を向けない道を選んでいこうと思う。