読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

「独占しない」愛し方 ~続・僕は「ポリアモリー」~ 

2年半くらい前から、自分が「ポリアモリー」であることを自覚して、
Twitterなどを通してそれを公言してきた。

「恋人(恋愛的に好きな人)が複数いる」と言うと、
無条件に「非道徳だ。不誠実だ」と決めつけられてしまう世の中に違和感を覚え、
人知れず周囲からの批判・非難に苦しみながら生きている人に届いたらいいな、と思って、
「僕はポリアモリーで、試行錯誤しながらもなんとかしあわせにやっているよ」と伝えてきた。
そのうち、世間で「ポリアモリー」という言葉が急速に広がってきて、最近では何件か、
メディアに取材されたりもするようになった。
僕がかつてブログに書いた記事も、かなりたくさん読まれているようだ。

ここであらためて、僕の想いを書いてみたい。
「ポリアモリー」とは、複数の人と同時に恋愛をすること、
つまり、「(恋愛的に)好きな人が、同時期に複数いること」だ。
最近僕が思うのは、重要なのは決して「複数であること」じゃない、ということ。
それはただの結果にすぎなくて、本当は、僕が選びとりたい生き方は、
「(恋愛的に)好きな人は、ひとりでなくちゃいけない」という規範に、
異議を唱えたい、ということなんだと思う。

「恋愛的に」という括弧書きをとっぱらってしまえば、
賛同してくれる人がたくさんいると思う。
大好きな友人がたくさんいること、それは決して不誠実なことだとは言われない。
「友人」が「排他的」なものではないからだ。
でもなぜか、「恋人」は「排他的」なものだとあつかわれてしまう。
「たくさん友人がいるやつは友情がうすい」などと言われることは普通ないのに、
恋愛に関してはそう言われがちだ。
「どっちも好きだ、なんて言うけど、
二人が同時に崖から落ちそうになっていたらどっちを助けるのか?」
なんて意地悪な質問をしてきたりもする。


でもさ、たとえば子どもが3人いる人に、
「3人のうちだれをいちばん愛しているか?」なんて聞くのはナンセンスじゃないかなぁ。
子どもが5人いたら、それぞれの子どもを5分の1しか愛していない、
なんてことには、ならないと思う。
「愛情」というのは、上限が決まっていて、
それを頭数で割って振り分けなきゃならない、というようなものではないだろう。
 
僕が、「好きな人はひとりでなくちゃいけない」という考え方に反論したいのは、
その考えが、相手の可能性をつぶしてしまうものであると思うからだ。
「僕とつきあったからには、僕以外の人を好きになったり、恋愛したりしてはいけないよ」
という、無条件の権利を得られるはず、と考えることは、
言いかえれば、相手の恋愛について「独占権をもつ」こと。
だから僕は、僕自身のあり方を、「ポリアモリー(複数恋愛)」というよりは、
非独占恋愛」あるいは「非排他的恋愛」とよびたい。
お互いが、パートナーのこれからの可能性を、つぶしてしまわない恋愛。
もしも「僕がいること」で、相手がしあわせでなくなってしまうとしたら、
たぶんそれは、お互いにとってよい関係ではないのだと思う。
 
これからの人生、まだまだ知らないしあわせを、
おたがいにどんどん見つけていけるといい。
そしてもしも叶うならば、
あなたの、そのしあわせな未来の中で、僕もそばにいたらいいな。