読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

みんな、年齢について気にしすぎなんじゃない?

おもい。 しゃかいについて。

ふと、思いついた。

 

「どうせ死ぬ年齢は人によってまちまちなんだから、今の自分が何歳か、
なんてこと、いちいち気にする必要なんてないんじゃないの?」

 

誰が何歳まで生きるかなんて、死んでみるまでわからない。
ってことはつまり、「今が人生の何合目」なのかさえわからないわけだ。
わかるのはたかだか「生まれてから何年経ったか」ということだけ。
その年齢が、自分の人生のどのくらいの位置に当たるか、
それは人によってぜんぜん違う。

 

何ができて何ができないか、というときも、
成長曲線の形は人によって様々だし、
その物事が、その人にとってどれくらいの重要度を占めているか、
優先順位はどれくらいか、とか、
その人は他に何ができるかとか。
そういう条件だって人によってぜんぜん違う。

 

それなのに世の中は、必要以上に同じ年齢で一列に並べて、
ぜんぜん違う人間たちを比べたがる。
「○歳にもなってこんなことするなんて」とか、
「○歳でそれは早過ぎる」とか、
「○歳ならこれくらいのことはできないと」とか。

 

年齢によって軽んじたり、
年齢を言い訳にしたり。
そういうの、もうやめちゃえばいいんじゃないかな。
僕もこれからは、あんまり自分の年齢を表明するのやめようかな。
それってそんなに重要な事じゃないよ、きっと。