読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

自慢について

学童で働いていると、小学生たちの言動がとてもおもしろい。

 

すぐに自慢をしたがる子がいる。
頭も良くて運動神経がいいので、自慢をする種には事欠かないから、
いつも「ねぇねぇ、僕すごいんだよ。○○できちゃったんだ」と言ってくる。
一方で、それを聞きつけては「自慢するなよ、うぜー」と、吐き捨てるように言う子もいる。

 

人は基本的に、自慢したがる傾向はあるんだと思う。
人の自慢を嫌がる子にしたって、実はあの手この手を使って「間接的に」自慢している。

 

日本では、「自慢はしないほうがいい」という風潮があるようだ。
謙虚を美徳とする、ということになっている。
僕は、みんなもう少し健全に、自慢できる世の中になったほうがいいと思う。
直接的な自慢が禁じられると、自慢したい気持ちがにじみ出して、こじれてくる。
「客観的な視点を装った自慢」とか「自虐のふりした自慢」とかすこぶるめんどくさいし、
もっとひどいのは、「他人を見下すことで、相対的に自分を上げようとする」ということだ。
そのために、つねに「見下せる(とみなしている)人」を探し出しているように見える人も多いように思える。
現代の日本が、やたらと「叩く対象」を求めていて、見つけた途端に、完膚なきまでに叩き続けるのも、
自慢ができない鬱屈の結果なんじゃないかな。

 

あと、自慢するなら相対評価よりも絶対評価がいいな。
だれかとくらべるんじゃなくて、自分なりに、したこと、できたことを、誇ったらいいのだ。