読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

2016→2017

あけましておめでとうございます。
今年も無事、新しい年を迎えることができました。
日常からちょっとだけ離れた年始のこの時期に決意じみたブログの記事を更新するのが、
ここ数年の恒例になっているので、今年もキーボードを叩いてみることにしてみました。

去年の記事は、

 

fuduki-ren.hatenablog.jp

 

なかなか威勢のいいことを言っているなぁ(笑)。
ここで予言しているとおり、2016年は「仕事は一応安定しているけれど退屈」で、
何か他のところでやりがいを手に入れようと頑張った年ではありました。
「他のところ」とは具体的になにかと言えば、「居場所を作ること」「人とつながること」。

 

2016年はかけがえのない愛しい人との出会いがたくさんあった年だった。
具体的に言えば、新しい恋人が三人もできました。
2016年の出会いは、それまでのものとは質が違っていて、
最初から建前や探り合いがまったくなくて、心のとても深いところがいきなり共鳴し合うような、
まだ出会って日が浅いにも関わらず、
これから深く長く付き合っていけると確信してしまうようなものだった。
こういう出会いがあったことはきっと偶然ではなくて、ここに至るまでに僕が、
ブログやTwitterで、自分を偽らずにさらけ出してきたことが実を結んだってことなのかな。
それから、一年前の記事で宣言したように「やるかやらないか、迷ったらやる」というわけで、
自分で、きっかけとなった出会いから一歩踏み出して、大事な人とつながることができた。
その結果、今日のこのしあわせな気持ちがあるのだから、
「2016年の僕、よくやった」と褒めてあげたいと思うな。

一方で、2016年に離れた人もいる。
けっこう大きな別れが、いくつかあった。
でもそれは、僕が僕自身の「ありたい自分」「居たいところ」を、
これまでよりも具体的に感じられるようになって、
一緒にいることが困難な人、近すぎると傷つけあってしまう人と、
ちゃんと距離を取ることができるようになったということなんだと思う。
その証拠に、離れたらすごく肩の荷が下りたようになって、
自分のまわりにいる人たちを大切にしたいという気持ちがより強くなった。
一年前よりも確実に、僕のいる場所がより居心地のいい場所になってきていると言える。

 

そういうわけで、2016年は僕にとって、とてもたいせつな、愛おしい年になった。
だから今年の目標は、新しいことを求めるんじゃなくて、
今、僕の「手の届く範囲」にあるものを、ひとつひとつ丁寧に慈しむような、そんな年にしたい。
まぁそんなことを言っても、飽きっぽい僕はやっぱり「変わらない日々」には耐えられなくて、
新しい変化のための、準備を進めていたりもするんだけどね。

一年後の僕がどんなふうに思っているかなんて、想像もできないけれど。
僕と僕の大切な人たちが、楽しく過ごせているといいなぁ。