読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

嵐のあとのさびしさ

ひび。 おもい。

たとえば自分のつくった居場所で、楽しんでくれる人がいると、

とてもとても満たされた気持ちになって、ああ、僕が生きてきたことに、
たぶん、意味があったんだな、なんて思ったりする。
自己承認欲求が満たされる、ということだと思うし、
文字通りの「自己満足」とも言える。

大げさに言えば、世界や未来に、僕の存在がほんの少しでも、
貢献できたような気分。
この瞬間のために、これまでの人生があった、
ここにつながっていたんだ、と思うような気持ち。

昨日、僕が我が家で開いたイベント、「煉's Bar」は、
昨日で14回目、参加者延べ人数で100人以上になって、
まさしくそういう居場所になった、という実感がある。
ここに来てよかった、出会えてよかった、
ここではほかのどこでも話せないことが話せたよ、
と言ってくれる人がいる。
ずいぶん前の煉's Barに参加してくれていた人が久しぶりに来て、
前に参加してから、生き方が変わってきたんですよ、
ももう少し心を開いて人と付き合ってみようと思うようになりました、
なんて言ってくれたりもした。

イベントが終わるといつもぐったりと倒れ込んでしまうほどに
疲れているけれど、不思議な達成感に満たされて、
奥さんと目を合わせて笑い合ったりしている。

でもね、その翌日とかには、すごく寂しい気持ちにおそわれるんだよね。
ぐったりして、自分に自信がなくなって、
みんなの反応を必死で調べようとしたりしちゃう。
もともと僕はそんなに行動的でもポジティブでもないのに、
「優しくてかっこよくて頼りになるお兄さん」を演じた反動で、
翌日に無気力かつネガティブになるのかもしれない。

逆に、これだけがんばったんだし、もっともっとほめられたい、
めちゃくちゃに甘やかされたい、なんて思って、
他人の反応について、理不尽に腹を立てたりする。
「自分のやってきたことが認められた!
つまりは、正しかったと証明されたんだ!」と思いすぎて、
気が大きくなって、自画自賛や自己正当化をしたり、
周囲に対して傲慢になっているなぁと思うこともある。

僕は根本的に自己愛が強いし、認められたい気持ちが強いから、
放っておくとどんどん自己正当化しがち。
そういうときこそ、自分で自分の制御を心がけないとな。
わかってくれる人がいるなぁと実感すると、
「わかってくれる人だけわかればいい」と思いがちで、
確かに世間の人の心ない雑音から身を守るために、
そういう考えが役に立つことはよくあるけれど、
でも、使いどころを間違えてはいけないな。


そんなわけで、昨日のイベントのふりかえり。
反省するところもあるけれど、かけがえのない居場所をつくってきた、
そのことはとても、誇らしい。

 

f:id:fuduki_ren:20170320184218j:plain