読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

結婚、みそじ、そしてうつ。

はじめに
思えば、ここ数ヶ月で、ぼくの人生は大きく変わった気がする。

5月に結婚した。
これは実はそんなに大きな変化じゃない。
彼女とはもう数年も一緒に暮らしていたから、
「恋人」が「奥さん」になっても、なかなか実感がわかない。
結婚式も新婚旅行も、していないしね。
でも、そうは言っても、将来を考えるきっかけには、なったんだと思う。
実は、大きく変わったのは別のことだった。
奥さんが、遠くで仕事をすることになって、
結婚した直後から、三年ぶり以上に、ぼくは一人暮らしになった。
(正確に言うと、そのことがわかっていたのでその前に結婚したんだけど)

それから2ヶ月後、7月には誕生日がきて、ぼくは30歳になった。
これまた、今後を考えるきっかけとならざるを得ない機会。

将来を考える。
自分の10年後を、20年後を、考えてみる。
ぜんぜん考えられない。
具体的なイメージが浮かばない。
でも、たぶん、今の仕事をそのまま続けているわけではないのだろうな、と漠然と思いはじめる。

仕事は嫌いじゃない。すごく好きだと言ってもいい。
子供の本を作る。
僕が頭を悩ませて作ったものが、日本中の子ども達に読まれる。
すごいことだ。
いつのまにか、夢がかなってる。
できることなら、もっともっといい本を作りたい。

一方で、いい本を作るのが難しい、というジレンマ。
たっぷり時間をかけて、満足できるまで考え抜いて、
会心の一作を作っていく、ということがどうしてもできない。

忙しすぎる。
要求される仕事は、量と質ともに、ぼくの能力をはるかに越えている、と感じる。
もともと体力がある方じゃない。
心が強い方でもない。
今の仕事をはじめてまだたったの4年だけど、
すでに2年くらい前から、ぼくの心と体は悲鳴をあげていた。
これだけ好きな仕事じゃなければ、とっくにやめていたと思う。
そして、「好き」だけではどうにもならないストレスも、ずっとつもり続けていたんだと思う。

30歳になって一ヶ月後、ぼくは、うつになった。