読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

自分の心は脳みそでは制御できない。

こんにちは。
完全に風邪気味モードの文月煉です。
僕は、昔から極度にやせていて、
そのせいか、体もあまり強くなく、
年に一、二回は高熱を出して寝込む。
ひょろひょろもやしくん。

体調が悪いときには、いつも心も弱っていて、
感動にしろ、悲しみにしろ、ふだんほとんど泣かない僕が、
高熱のときにはどうでもいい些細なことで泣きじゃくったりする。
あー、体と心はつながっているんだなぁ、と実感するとともに、
自分の心を、自分の思考や理性で完全に制御することなんて、
不可能なんだなぁと思い知る。

僕は、知っての通り理屈っぽくて、小学校の担任の先生からすら、
「屁理屈が欠点です」とか言われていたやつだけど、
それでも、理屈だけで世の中が回っているなんて思ってない。
とくに体や心が弱っているときは、
理屈なんてどこかに行ってしまうものなんだ。

この事実は、論理を愛する僕にはショックなことでもあるけれど、
同時に、救いでもある。
体調や気分によって、言動は変わってしまうものなのだから、
自分や相手の言葉を、すべて額面通りにうけとらなくてもいいんだ。
ひどいことを言われたときには、ちょっと考えてみる。
相手は、どこか体調や、気分が悪かったんじゃないか?
そんな風に考えてみる。
そうするといつだって、訂正したい、という申し出を受け入れられたりもする。

なかなか、自分の心はやっかいなやつだ。
じっくりゆっくり、つき合っていくとするか。