読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

じたばたしてます。

我が家には今、奥さんと恋人の二人がいる。
それだけ聞くと、まさに修羅場な案件だけど、
もちろん二人とも僕の生き方を知っているから、
それだけでは修羅場になったりはしない。

むしろ、二人が仲良くなって、
三人で過ごす穏やかな時間には、
「ああ、こんなにうまくいくものなんだなぁ」と感動して、
しあわせをかみしめていたりする。

三人が三人とも元気なときだったら、
きっとこの生活はとてもうまくいっていたのかもしれない。
三人で、ときどき二人で、
それぞれが少しずつそれぞれを思いやりながら、
いろんなところに出かけたり、家でまったりして過ごしたり、
おいしいものを食べたり、お酒をつくってパーティーしたり。

でも、実際にはこの生活は、自分たちで選択したものではなくて、
いろいろな状況が積み重なって不可抗力的にはじまったもので、
奥さんも恋人も――心身ともに――かなり元気ではないときで、
僕にも準備や覚悟が足りていなくて、
それぞれが疲れはて、他人を思いやる余裕なんてない状況だった。
くたくたになって、どろどろに甘やかしてもらいたい気分のときに、
予期せぬ共同生活でどうしても気兼ねしてしまって、
存分に甘えることができない。
僕自身、二人に同時に、100%で向き合うことができなくて、
それに罪悪感を覚えて、どんどんと疲れていっている。

僕は言葉ばかりが達者な人間で、
このブログでもさんざん理想論のようなことを言ってきて、
みんながお互いを思いやれれば理想は実現する、なんて主張してきたけど、
「お互いを思いやれる状況」なんて、そんなに余裕があるときなんて、
とても貴重で、実現するのが難しい状況なんだよね。

いつだって僕らはなにかに疲れていて、
そうそう理想通りに思考や感情や体を、コントロールできたりはしないんだ。
だから僕は毎日、理想と現実のギャップにうちひしがれて、
ときにすり減って、ときにとてもつらくなっている。

でも、僕はあきらめないよ。
今だって、すごくすごくつらい時間のあとに、
どうしようもなくしあわせな時間が、不意にやってきたりするんだ。
どれだけ苦しくても、止めどなくあふれてくる愛しさを、
それを感じることができるうれしさを、
僕はあきらめきれないんだ。

だから今日も、僕は。
じたばたしています。