読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

絡まった自意識を解きほぐす。

おもい。
あ、今、よくない精神状態だ。
ふっ、と我に帰って今の自分を見つめて、そんなふうに思う。
自己承認欲求がねじれている。
自信のなさと背中合わせの、注目されたい、愛されたいという渇望。
Twitterのタイムラインに貼りついては、自分への注目を求めてつぶやきを繰り返す。
フォロワーの反応に一喜一憂し、自分より注目されている友人に、激しい嫉妬の炎を燃やす。
なんか、おかしいぞ。
これはよくない。いったいどうして、こんなことになっているのだろう。


今、僕は何者でもない。
誰も、僕に期待しない。
大きすぎる期待に疲れ果て、望んでそこから飛び出したはずだけど、
足場がないことはやはり心許ないのだろう。
自分は世界に必要とされているのだろうか、
なんて、月並みな不安を覚えてしまう。


そしてもうひとつ、お金がないことが、
僕から自信と余裕を奪っているのだろうということは、悔しいけれど認めざるを得ない。
今まで僕がもっていた余裕のようなもの、それは、
少なくとも一部はお金があることに依存していたのだろう。
お金がないからといって、必ずしも魅力的でないことにはならないけれど、
それについて愚痴を言ったり、同情を買おうとしたり、不機嫌になったり、
そういう様子をTwitterで垂れ流している僕は、
やっぱりかっこわるい。


自信と余裕がなくなって魅力的でなくなった僕を、
承認してくれる人はいない。
そうするとさらに僕は承認に飢えていき、
余計に魅力的でなくなっていく。
こんなふうになりたかったわけじゃない。


自由は怖い。
ふと気を抜くと、
すべてのことは過去の栄光に成り下がる。
自己肯定感の低下は、
あっという間に自分の価値を損ねてしまう。
だけど、自由はやっぱり楽しみでもある。
今までやれずにいたこと、なんにだって挑戦できる。
新しいことの前に不安があるのなんて当たり前だ。
自分が、何者でもないただの自分になったとき、
そりゃあ、こわくもある。
でもそこで、うわべだけの自己承認を求めて、
自分を損ねていってはいけない。


いったん自分を、リセットしよう。
ツールに使われるのではなく、使い尽くしてやろう。
自意識を、過大でも過小でもない、あるべき姿に。
自分を、そして大好きな人たちを、信頼するんだ。