読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生きていく世界

人と少しだけ違うかもしれない考え方や視点、ぐるぐると考えるのが好きです。 あくまで、僕個人の考え方です。 みんながみんな、違う考えを持っていていい。 いろんなコメントも、お待ちしてますよ。

「味わう」時間が必要だ。

おもい。

職場には給湯室があって、いつでもお湯を使うことができるから、
お湯で溶かすインスタントドリンクの類を愛用している。
新しいのを試してみるのが好きで、
しょっちゅうコンビニに寄っては、新製品がないかチェックしている。
最近は結構色んなものがあって、「スパイスココア」とか「ジンジャーアップル」とか、
変わったのも多くてとても楽しい。
で、新製品を買った後は早速入れて、仕事をしながら飲むわけだけど。

昼休みが終わる→ドリンクを作る→ドリンクが入ったカップを置いて、飲みながら仕事
→仕事が一段落してふと気づくと、カップは空になっている

ということがほとんどで。
仕事しながら何気なく飲んでいると、実はほとんどドリンクの味を覚えていない!
ということに気がついた。
入れたことに満足してしまって、「味わう」時間を取るのを忘れてしまっていたのだ。

食べ物や飲み物にかぎらず、いろんなことについて、
この「味わう」時間が必要なんじゃないかと思う。
毎日忙しく働いていると、やらなければならない「タスク」が増えていく。
時間に追われているのに慣れると、仕事だけじゃなくて、
趣味ややりたいこと、いろんな楽しみまでも、ついつい「タスク化」してしまう。
本を何冊読む、だとか、このアニメを何話みる、だとか。
買い物も、休日のイベントも、果ては大好きな人とのデートや、セックスまでも……?
とにかくいろんなことをタスク化して、
やり終えたらタスクボックスにチェックを入れる、みたいな感覚が増えていく。

ふと立ち止まって振り返ってみると、そうやって「こなして」いったことは、
全然記憶に残っていない。
これじゃああまりにももったいない。
大事なのは、ほんの少しでもいいから、「味わう」時間をつくることだ。
ふっと肩の力を抜いて、直前の行動を振り返りつつ、
そのときの感覚や感情にゆっくりと浸る。
次の行動に移る前に、そういう時間が、必要だ。

これは前に書いた、「行動までのロスを減らしたい。
というのと対になっている。
「やろうかな」と思いついたことは、時間のロスなくすぐに行動に移し、
行動した後には、きちんと「味わう」。
こうすることで、毎日がほんの少し、有意義で豊かなものになりそうだ。